犬を飼うのに向いている人はこんな人。大切な3つの要素

ペット

 

今や空前の猫ブームで、ここ数年で猫を飼う人が本当に増えたと思いますが、やっぱり人間のパートナーとして絶大なる人気を誇っているのが「わんこ」。

今回は、そんな大人気の「わんこ」を家族として迎え入れるのは、どんな人が向いているのかを書いていこうと思います。

 

これからわんちゃんを飼いたいと思っている方!

いつか飼ってみたいなぁと思っている方!

ぜひ参考にしてみてください♪

 

経済的余裕がある人

 

 

いきなり現実的なお話になりますが、お金はとても大切です!

わんちゃんだけではなく猫ちゃんや全てのペットにも言える事ですが、生き物ですから様々なことにお金がかかります。

 

毎日消費するご飯やペットシーツはもちろん、食器やケージ、サークル、首輪にリードなども揃えなければなりません。

また、健康診断やワクチン、病気になれば治療費や手術代もかかります。

 

現在はペット保険も様々なところから出ていて、加入していれば治療費も何割か負担してもらえますが、基本的には実費となりますのでかなり高額になる場合もあります。

 

病気にならなければ大丈夫でしょ!と思っていても、思いも寄らない出来事が起こったりします。

例えば「誤飲」。

子犬に限らず、好奇心旺盛、食欲旺盛なわんちゃんたちは、おもちゃや人間の食べ物、植物などとにかく口に入れてしまいます。

どんなに気をつけていても、お散歩中やお留守番の時、一緒にいる時でも一瞬にして飲み込んでしまうのです。

ウンチと一緒に出てきて大事には至らないこともありますが、毒性のものや有害性のあるもの、胃や腸を傷つけてしまうものを飲み込んでしまうと、命に関わる事態にもなりかねません。

 

また、階段から落ちたりソファやベットから飛び降りた時に、骨折してしまうこともあります。

 

このように思わぬ事態が発生した場合、手術ともなれば何十万という費用がかかります

手術をすれば助かるかもしれない命が、お金を用意することが出来ないために諦めなければならない…なんてことには絶対にしたくないですよね。

 

また、シャンプーやトリミングなどもわんちゃんの健康を保つ上でとても大切なものです。そういったケアにももちろんお金がかかります。

 

 

犬種や大きさなどによって変わりますが、お店にお願いしたら大体5,000円〜10,000円くらいはかかるでしょう。

お金がないからといって怠ってしまうと、毛玉や皮膚病の原因となりますので、そういったことにもお金がかかるのだと最初から認識しておくようにしましょう。

 

犬を飼う時に考えられる出費

  • ご飯やペットシーツなどの日用品
  • ワクチンや予防薬、治療費などの病院代
  • シャンプー、トリミング代  etc…

時間に余裕がある人

 

お金と同じく大切なもの。それは時間です!

 

 

ペットの中でもわんちゃんは特に一緒にいることを必要とする生き物です。

家族がどれくらいわんちゃんと一緒にいてあげられるかで、犬の幸せが決まると言っても過言ではありません。

 

個体差があるにしても、わんちゃんは人間に大きく依存する生き物。

お留守番が多いわんちゃんは、精神的に不安になりストレスを抱えてしまいます。そのストレスは、多くの病気の原因となるものです

 

また、わんちゃんにとって大切なお散歩。このお散歩をする時間も確保しなくてはなりません。

運動不足から肥満になってしまったり、筋力が低下してしまうと様々な病気の元となってしまいます。

 

 

飼い主の健康のためにも、わんちゃんとのお散歩タイムを確保して、楽しいわんこライフが送れるように準備したいものです!

 

精神的余裕がある人

 

こちらも非常に大切です。

わんちゃんは、いつでも飼い主の思い通りに行動するわけではありません

 

 

あなたが大切にしているものを壊してしまうかもしれません。

夜中、寂しくて鳴いてしまうかもしれません。

大切なマットにおしっこしてしまうかもしれません。

 

そんな時、愛を持ってわんちゃんに接してあげることができるでしょうか?

怒ってはいけないわけではありません。

いけないことをした時に、それはいけないと教えることは大切なしつけです。

しかし感情的になってしまったり、過度な体罰をしてしまうことは良くないことです。

 

犬だけではなく全てのペットは、当たり前ですが動くぬいぐるみではなく、心を持った生き物であるということを忘れてはいけません。

自分の意思を持ち、行動しています。

それぞれの性格があり、思考があります。

 

そしてわんちゃんは私たちの言葉を理解し、表情を読み取って喜んだり、傷ついたりします。

そのことをしっかりと理解して、自分だけではなくわんちゃんにとっても幸せな関係を築けるようにしたいものです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

犬を飼うのに向いているのは、

 

  1. 経済的に余裕がある人
  2. 時間に余裕がある人
  3. 精神的余裕がある人
です。当てはまりましたでしょうか?
大型犬や運動量の多い犬種を買う場合は、「体力」も重要にはなってきますが、
大きく分けてこの三つを持ち合わせていればわんことの楽しい生活を送ることが出来るでしょう。
わんちゃんをお家に迎え入れる前に、是非改めて自分自身でチェックしてみて下さい!

コメント