【重要】ファスティングを成功させるために必要な「準備食」とは?

ファスティング

ファスティングについてはこちらの記事で詳しくお話ししましたが、ファスティングを成功に導くために必要な要素が二つあります。

それは、ファスティングを始める前に食べる「準備食」と、ファスティングを行った後に食べる「回復食」です。

いくらファスティングで何日も固形物を口にしなかったとしても、その前後で準備やアフターケアを怠ってしまえば、その効果が減るどころかやる前より体重が増えてしまったり、体調を崩してしまったりしかねません。

今回はファスティングと同じくらい、むしろそれ以上に大切とも言える「準備期」の過ごし方についてまとめてみましたので、どうぞご覧ください!(●^o^●)

 

ファスティングの前に必ず必要な「準備期」とは?

準備期の期間はどのくらい?

3日間の酵素ファスティングをする場合、必要な準備期はファスティング前二日間です。ですが、普段から脂っこいものや甘いもの(ジュースも含め)を多く摂っていると、ファスティングによって低血糖や副腎疲労になる可能性があります。これは体が血糖値の変化に耐えられずに、ダルさや疲労感、背中の腫れを引き起こす原因となります。

それだけファスティングの解毒作用は体にとって大きなもので、腎臓や肝臓に負担がかかってしまうのです。

それを防ぐために、ファスティングを始める一週間くらい前から砂糖や高GI食品などのNGフードを控えるようにして、血糖値を安定させましょう!

NGフードについてはこちらの記事を参考にしてください♪

【要注意】出来るだけ避けたい!体内酵素を無駄遣いするNGフード
「酵素」が私たちの体にとって必要不可欠であり、とっても重要な働きをしているということはこちらの記事を読んでお分かりいただけたかと思います。 さて、酵素ドリンクを使用して行うファスティングの時はもちろん、出来れば普段からなるべく避けた方...

 

準備食は何を食べたらいい?

準備食とは、どのようなものを食べればよいのでしょう?

まず、朝は出来るだけ固形物の摂取はさけ、酵素ドリンクやコールドプレスジュースを飲みましょう。コールドプレスジュースがない場合は普通のミキサーでフレッシュジュースをつくったり、おろし器を使ってすりおろしたものを頂きましょう!

では昼食や夕食は何を食べたらよいのでしょうか?

まず準備期の食事は、生野菜などの生食と調理した加熱食との割合を5:5にするようにしましょう。そして、具体的な食べ物としては、「こ・と・ま・ご・わ・や・さ・し・い食」を摂るようにしましょう!

【こ】穀類・玄米・雑穀米

玄米やそばにはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富にあり、GI値も低いです。しかし玄米には酵素抑制物質が含まれているので必ず12時間以上浸水させてから炊くようにしましょう!そしてそばも乾麺より生麺の方が栄養価が高いです。八割そばや十割そばなど、出来るだけそば粉が多いものを選びましょう!

【と】唐辛子(香辛料)

ビタミンが豊富に含まれており、殺菌効果が高いです。強い抗酸化作用もあるほか、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンには、新陳代謝を活発にして体脂肪を燃焼させる効果があります。さらに適度な香辛料の摂取は体温を上げるのにも効果的です。

【ま】納豆・豆腐・味噌・大豆

良質な植物性タンパク質や食物繊維の他にも、マグネシウム、ビタミンB群、亜鉛なども豊富に含まれています。納豆や味噌などの発酵食品も、事前消化を助ける働きをするので積極的に摂るようにしましょう!納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれています。このような酵素や栄養価も国産大豆の方が優れていると言われていますので、国産大豆を使った納豆を選ぶと良いでしょう。また、タレやからしには添加物が使用されていることも多いので、表示をチェックして無添加のものを選びたいところです。

大豆製品に含まれるイソフラボンは強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種で、コレステロール値の上昇を抑えてくれます。最近では大豆製品をお肉の代わりに使用するための「大豆ミート」も多く販売されていますので、そちらも合わせて利用したいですね!

【ご】ゴマ・ナッツ

オメガ3脂肪酸と言われる良質な脂質とタンパク質やビタミンE、ゴマのセサミン、セサミノールなど、抗酸化作用を持つ栄養素も豊富に含まれています。ただし、ナッツ類はエネルギーも高めなので食べ過ぎには注意しましょう!

【わ】わかめ・昆布

ヨウ素(ヨード)やビタミンB群、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。ワカメやもずくなどのヌメリ成分はフコイダンという食物繊維で、抗がん作用が高いとされています。同じくヌメリ成分のアルギン酸という食物繊維も、血中コレステロールの上昇を抑える働きをしますので、積極的に摂りましょう!

【や】野菜・果物

緑黄色野菜のβカロチンや淡色野菜のビタミンCなど、様々なビタミンと食物繊維が豊富です。食事の最初に生の酵素を摂ることで、消化を助けることができるので、おかずや主食を食べる前に生野菜や果物を食べるようにしましょう!

【さ】魚

青魚に含まれるDHAなどのオメガ3脂肪酸やビタミンB群、亜鉛、鉄、タウリンなどが豊富に含まれています。アジやイワシ、サバ、サンマなどいずれも必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。DHAは脳の神経を活性化させるので、老化抑制や認知症予防に良いとされています。ただし、動物性タンパク質は摂りすぎると消化不良や腸内腐敗の原因となりますので注意が必要です!

【し】しいたけ・なめこ

ビタミンB群、D群、ミネラル、食物繊維などの他にも免疫力を高めて抗がん作用を持つ成分、βグルカンなどの多糖類も豊富に含んでいます。しいたけは生のものより天日干しした干ししいたけの方がビタミンが豊富だそうです!

【い】芋類・じゃがいも・さつまいも

腸内環境を整える食物繊維の他にも、ジャガイモはビタミンC、長芋はムチンなどを含んでおり、胃の粘膜を強化して消化・吸収を助ける働きをしてくれます。

 

準備期に摂りたい油とは?

脂っこいものはNGですが、同じ油でも良質な油を摂ることはとても重要です。特におすすめなのがフラックスシードオイル=亜麻仁油です。亜麻仁油はオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸を手軽に補給できます。α-リノレン酸は体内では合成する事が出来ない必須脂肪酸と呼ばれるものの一種で、食品から摂取しなければなりません。しかし酸化しやすいので、熱を加えずに生で摂るのがポイントです。自家製ドレッシングを作ったりおかずにそのままかけて食べたりしましょう。

亜麻仁油以外にも生で摂るならエゴマ油やシソ油、加熱料理には酸化しにくいオレイン酸を多く含んでいる菜種油やごま油、玄米油やグレープシード油などを使用するようにしましょう!

 

準備期における注意点

その他、何か注意する事はあるでしょうか?

ファスティング当日はもちろん、準備期にも以下のことを実践しましょう!

ナチュラルハイジーン

1日24時間の体内リズム「ナチュラルハイジーン」に基づいた、規則正しい生活を心がけることです。詳しくはこちらをご覧ください。

【驚愕】ダイエットだけじゃない!ファスティングが体にもたらす9つの変化!
女性の永遠のテーマ、ダイエット。 世の中には様々なダイエット法が存在し、効果があるとかないとか、情報が溢れかえっています。 私ももちろん、過去たくさんのダイエットに挑戦しては失敗し、また挑戦しての繰り返し_(┐「ε:)_ ...

夕食は20時までに済ませて代謝酵素が充分に働けるサポートをして、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

動物性タンパク質は消化に時間がかかるので、遅い時間の摂取、特にファスティング前夜には摂らないようにしましょう。せっかくファスティングを始めても、当日の朝・昼までタンパク質の消化に酵素が使われてしまい、半日を無駄にしてしまいます。

良質な水を摂る

代謝をスムーズに行うために水は必要不可欠です。特にファスティング中は、1日2リットル以上の水を飲むことが必要です。準備期から質の良いお水をこまめに摂る習慣をつけてデトックスに繋げましょう!

お酒、タバコ、カフェインは控える

ファスティング期間中は基本的にお酒、タバコ、カフェインや糖分の多い清涼飲料水や炭酸飲料はNGです。せっかくファスティングをするのですから、効果を最大限にするためにも控えましょう。ノンカフェインのコーヒーや、ハーブティー、ルイボスティーを飲むのもおススメです。ルイボスティーがもたらす効能についてはこちらをご覧ください!

人類発祥の地、南アフリカの「奇跡のお茶」!ルイボスティー
ルイボスティーと聞いて、皆さんはどのようなイメージを思い浮かべますか? 私は何年か前に、美容や健康に良く、ノンカフェインのお茶としてルイボスティーの存在を知りました。 以来、お家でのティータイムや、水筒に入れて持ち運んだりと、日...

体を温める

酵素栄養学では、体温が一度下がると酵素の力は50%低下すると言われています。実際、体温が下がると代謝が落ちて免疫力が低下してしまいます。ファスティング期間中の長時間の入浴は危険ですが、半身浴や足湯などをして体の芯から温めるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

守らないといけないことがたくさんある〜!と感じてしまったかもしれませんが、大丈夫です!

自分に甘い、めんどくさがりな私でも実践することはできました!\( ‘ω’)/

「こ・と・ま・ご・わ・や・さ・し・い食」は、ファスティング期間中だけではなく、普段からこのような食生活をすることによってかなり体が変わってくると思います!

もし、準備食を自分で用意するのが面倒だな〜と思われたら、エステプロラボさんで販売されているファストプロミールが準備食にはぴったりです。自分で用意しなくても、産地や無添加にこだわった高品質な準備食を摂ることが出来ます。ただし、サロン専売品なので直接サロンでカウンセリングを受けてからの購入となります。私はどうせやるならしかっりと知識を得て資格も取っちゃおう!と思い公認ファスティングカウンセラーの資格をとり、その資格を取る過程で3日間のファスティングを実践しました!

私のファスティング実践記録も記事にしたいと思いますので、そちらも是非ご覧ください♪

コメント